記事カテゴリー

「 求める人物像 」一覧

採用目標の管理方法とは?KPIの数値管理で目標達成に繋がる!

採用目標とは採用のゴール設定をすることです。採用のゴールを設定して目標達成の有無を確認するだけでは、自社の課題発見に繋がらずに来年の採用活動に活かすことができません。採用目標における進捗率などを管理し、適宜改善を行っていくことが大切です。今回は採用目標の管理方法について説明します。

イントレプレナーとアントレプレナーの違いや共通点とは?

競争が激化するビジネスシーンで生き残るために重要なのが「新しいものを生み出し続けること」です。こうした創造力のカギを握る人材がイントレプレナーやアントレプレナーです。どちらも新規事業の立ち上げには欠かせない人材ではありますが、両者にはどんな共通点があり、どんな相違点があるのでしょうか?この記事では、混同しやすいイントレプレナーとアントレプレナーの概念について解説します。

採用目標とは?設定する意味やメリット、活用する注意点について

採用目標とは採用のゴール設定をすることです。採用目標を設定することで、目標までの到達率が可視化されるだけでなく、何が悪かったのかが分かることで、今後の改善にも活用できます。今回は採用目標について、そもそもなぜ目標を立てる必要があるのか、目標を立てることにどのようなメリット・デメリットがあるのかをご紹介します。

社内起業家・イントレプレナーの育成事例とは?企業として取り組む施策

競争が激化するビジネスシーンで生き残るためには、常に新しいものを生み出し続ける創造力が不可欠です。カギを握るのが起業家精神(イントレプレナー)ですが、日本は世界的に育成が遅れている傾向にあります。この記事では、いわゆる社内起業家であるイントレプレナーの育成事例を3つ紹介します。

イントレプレナーの特徴とは?社内起業家を抜擢・育成しよう

イントレプレナーとは社内起業家を意味する言葉であり「会社の従業員として新規事業を起こす」ことを意味します。新規事業や新サービス・新製品のサイクルも短期化しており、回転の速さに対応する柔軟性と新しいものを作り続ける創造性が大切です。この記事では、イントレプレナーとして抜擢したい人材の3つの特徴を紹介します。

採ってはいけない人の見極め方とは?採用するリスクを理解しよう

人材採用には多くの課題があり、特に新卒社員の3年以内の離職率は3割を超えているともよく報道されています。早期離職で生じるのは人員不足だけではありません。新人はほとんど企業利益に貢献していないので、採用や教育にかかったお金や人材が無駄になります。そうしたリスクを排除するためにも「採ってはいけない人」を見極める方法を知っておく必要があります。

イントレプレナーとは?次世代リーダーの育成が何故組織に重要なのか

イントレプレナーとは社内起業家を意味する言葉であり「会社の従業員として新規事業を起こす」ことを意味します。多くの企業が経営課題として挙げている「新規事業の開発」や「人材の強化」を行うためにはイントレプレナーを理解することが大切です。今回はイントレプレナーが何故企業にとって重要なのかについて説明します。