記事カテゴリー

「 採用強化 」一覧

選考基準の設定方法とは?評価項目や評価方法の決め方について

採用活動で人材の評価を客観的かつ短時間に行うためには、選考基準の評価項目や評価方法、評価比重を慎重に決める必要があります。選考基準の項目を「どのプロセスで・何を・どのように・どれくらい」評価するのかを面接担当者が共有しておくことで、採用要件に合う人材の獲得につながります。今回は、選考基準の設定方法や評価方法、優先順位や評価比重の決め方について詳しくご紹介します。

会社説明会の資料やプログラムの内容を面白くする方法とは?

会社説明会とは、企業が求職者に対して自社をより詳しく知ってもらうために開催する、採用活動のプロセスのひとつです。会社説明会でより多くの優秀な人材にアピールするためには、求職者が求める情報を理解して、無駄なく的確に提供する必要があります。今回は、会社説明会で配る資料やオススメのプログラムなどについてご紹介します。

会社説明会の内容とは?学生が聞きたいことや人気プログラムについて

会社説明会とは、企業が求職者に対して自社をより詳しく知ってもらうために開催する、採用活動のプロセスのひとつです。会社説明会の内容は、求職者が求めている情報と企業が提供している情報にギャップが生じている場合が多く、求職者の志望度に大きな影響を与えています。今回は会社説明会の内容について、学生が聞きたいことや求職者にとって魅力的なプログラムをご紹介します。

会社説明会とは?目的や開催前の準備、メリット・デメリットについて

会社説明会とは、企業が求職者に対して自社をより詳しく知ってもらうために開催する、採用活動のプロセスのひとつです。会社説明会は、求職者を自社に惹きつけるための施策ですが、準備が足りないと逆に求職者を失望させてしまうきっかけにもなり得るため注意が必要です。今回は会社説明会の目的や内容、開催前の準備やメリット・デメリットについてご紹介します。

グループディスカッションの役割とは?役割ごとの評価方法について

グループディスカッションとは、学生を数人のグループに分けてテーマを与えて議論させ、グループとしての結論を出させる選考方法です。グループディスカッションでは、役割によって評価できる項目が異なるため、役割に応じた評価を行う必要があります。今回はグループディスカッションの役割と、役割ごとに評価できる要素について説明します。

選考基準や採用要件を明確化しよう!新卒・中途採用の選考方法とは?

選考基準や採用要件を明確化するためには「どのような人材が欲しいのか」を定義した上で「求める人材はどのような人柄・スキル・経験を持っているのか」を具体化する必要があります。自社ならではの採用要件を定義すれば、採用活動の効率化に役立つだけでなく、他社との差別化にもつながります。今回は新卒採用と中途採用において、選考基準や採用要件を明確化する方法についてご紹介します。

採用サイトのキャッチコピーの作り方とは?魅力的な実例をご紹介!

採用サイトとは、自社を志望している求職者に向けて情報を発信する、求人募集のための専用ウェブサイトです。自社の採用サイトのキャッチコピーを考える際には、他社の魅力的なキャッチコピーを参考にして、語感の良さや企業イメージとの関連付け方を考えることが大切です。今回は、採用サイトに魅力的なキャッチコピーを掲載している企業の例を参考にして、採用サイトのキャッチコピーの作り方をご紹介します。

グループディスカッションの進め方とは?当日の流れや準備について

グループディスカッションとは、学生を数人のグループに分けてテーマを与えて議論させ、グループとしての結論を出させる選考方法です。グループディスカッションを実施する際には、事前準備をしっかり整えた上で、当日の進め方を理解しておく必要があります。今回は、グループディスカッションの進め方について詳しくご紹介します。

採用基準の作り方とは?採用要件の明確化と優先順位の決め方について

採用要件とは、労働条件や求職者のスキルなど、採用活動において企業が応募者を採用するかどうかを決める基準を意味する言葉です。採用要件の項目は、増やせば増やすほど求人市場からターゲットの母数が減っていくため、明確な採用基準を作って優先順位を決めておくことが大切です。今回は採用基準の作り方について、採用要件の優先順位の決め方をご紹介します。

採用サイトに掲載すべきコンテンツとは?学生が集まるサイトを作ろう

採用サイトとは、自社を志望している求職者に向けて情報を発信する、求人募集のための専用ウェブサイトです。採用サイトを制作する際には、求職者のニーズに合ったコンテンツを作るために、求職者がどんな情報を求めているのかを知っておく必要があります。今回は採用サイトに掲載すべきコンテンツについて、求職者がどのような情報やデータを求めているのかをご紹介します。