記事カテゴリー

「 働き方改革 」一覧

業務改善助成金の受給事例とは?他社の取り組みを参考にしよう!

業務改善助成金とは、労働生産性を向上させるための設備投資を行い、最低賃金を引き上げた場合に受給できる助成金です。既にいくつかの企業が業務改善助成金を受給しており、取組内容や効果も現れています。今回は業務改善助成金を受給した企業の取り組み内容やその効果をご紹介します。

【人材確保等支援助成金】人事評価改善等助成コースとは?

人材確保等支援助成金の人事評価改善等助成コースとは、人事評価を整備し、離職率を改善した場合に受給できる助成金です。人事担当者としても離職率改善には人事評価制度が重要だと考えていながらも、未だに多くの従業員が自社の人事評価制度に不満を抱えています。人事評価改善等助成コースの目的や受給要件、どんなことをしたら助成されるのかについて説明します。

時間外労働等改善助成金の職場意識改善コースとは?有給消化率を向上

時間外労働等改善助成金の職場意識改善コースとは、有給取得日数などを増加させたり、所定労働時間を短縮させた場合に受給できる助成金です。日本の有給消化率は世界最低水準であり、取得しない理由として「人手不足」や「職場の同僚が休んでいない」などの職場環境に依存する理由が上位に挙げられています。一方で、転職活動で重視することの1位に「より多くの有給取得が可能」である調査結果もあり、有給取得を促進する自社制度仕組みは、優秀な人材獲得にも活用できます。今回は時間外労働等改善助成金の職場意識改善コースの受給要件や達成目標、受給金額などについて説明します。

労働生産性を向上させる方法とは?付加価値額の増加から考える

労働生産性を向上させるには、労働の成果である「付加価値額」を増加させる方法と労働投入量である「労働人数や労働時間、人件費」を減少させる2つの方法があります。売り手市場や労働者不足と言われる現在の日本において、人件費を削減することは法律的にも厳しく、大きな改善を行うことは難しい領域です。今回は労働生産性を向上させるための「付加価値額の増加」の視点から、どのような方法で付加価値額を上げることができるのかについて説明します。

業務改善助成金とは?生産性の向上と正規・非正規間の格差を是正する!

働き方改革における課題として「労働生産性の向上」や「正規・非正規間の格差是正」などが挙げられます。業務改善助成金とは「労働生産性の向上」と「正規・非正規間の格差是正」を行う中小企業を助成する制度です。賃金を向上させるためには労働生産性の向上が必要ですが、予算面から設備・機器投資が難しい企業に向けて、設備投資の費用の70%以上が負担される助成金です。今回は業務改善助成金の受給要件や受給するための流れ、受給金額などについて説明します。

人材確保等支援助成金とは?離職率改善策の費用負担を軽減しよう!

人材確保等支援助成金とは、早期離職の防止や離職率の改善を目的とした助成金です。様々なコースが用意されており、評価・研修制度やメンター制度の導入などの人事担当者がよく耳にする制度だけでなく、介護や保育、建設などの人手不足が懸念されている特定の業種に限ったコースなどがあります。今回は人材確保等支援助成金とはどのような助成金か、どんなコースがあるのかについて説明します。

時間外労働等改善助成金の勤務間インターバル導入コースとは?

時間外労働等改善助成金の勤務間インターバル導入コースとは、退勤から出勤までの生活時間・休息時間を一定時間確保した際に受給できる助成金です。勤務間インターバルを就業規則に新設することはもちろんのこと、既に記載していたとしても、対象となる労働者を増やしたり、インターバル時間を延長する取り組みも助成金の対象となります。勤務間インターバル導入コースの受給要件や達成目標、受給金額などについて説明します。

労働生産性が低い理由とは?日本企業の生産活動から考える

日本の労働労働生産性は過去最高水準と言われていますが、1995年からの約20年、ほぼ横ばいで推移しています。一方で他国の労働生産性の向上が凄まじく、国際社会で比較すると日本の労働生産性は低いと言われるようになりました。日本企業の労働生産性が低い理由として、パソコンの普及によるITの利活用やグローバル化における市場競争の激化に対応しきれなかったことだけでなく、人事評価制度や就業者の意識の変化などにも労働生産性が低いといわれる理由があると考えられます。今回は日本企業の生産活動における、労働生産性が低い理由について掘り下げて説明します。

キャリアアップ計画書の記入例とは?キャリアアップ助成金を申請しよう!

キャリアアップ助成金には目的に応じた7つのコースがあります。どのコースを申請するにしても、キャリアアップ計画書という書類の提出が必要です。キャリアアップ計画書は、会社情報などの一般的な項目だけでなく、誰を対象としたキャリアアップ計画を行うのか、目標や全体の流れはどのようなものかを記載しなければなりません。キャリアアップ計画書の概要と書き方や記入例、提出期限などについて説明します。

時間外労働等改善助成金の時間外労働上限設定コースとは?

時間外労働等改善助成金の時間外労働上限設定コースとは、残業時間に上限を設けて目標となる残業時間数を達成した場合に受給できる助成金です。労働者の月間平均残業時間は47時間であり、36協定の45時間を超える水準となっており、国としても長時間労働の是正に注力しています。残業を減らすために、労働能率を増進させる設備投資はもちろん、外部専門家によるコンサルティング費用なども助成されます。時間外労働上限設定コースの受給要件や達成目標、受給金額などについて説明します。