記事カテゴリー

「 マネジメント 」一覧

コーチングの手法とは?コーチングを行う上で必要なスキルについて

コーチングとは、相手の話に耳を傾けて観察や質問、提案などによって相手の内面にある答えを引き出す、目標達成支援の手法を意味する言葉です。コーチングは人材育成の手法として有効ですが、実施方法が適切でなければ、期待する効果が得られない可能性があります。今回は、コーチングの手法やコーチングを行う上で必要なスキルについてご紹介します。

戦略人事の導入に成功した企業事例とは?人事課題の解決事例について

戦略人事とは、経営戦略とリンクしてマネジメントを行う人事体制を意味する言葉です。戦略人事の取り組み内容は、企業が抱えている課題や解決したい問題によってそれぞれ異なるため、自社の課題を明確化する必要があります。今回は、戦略人事の導入に成功した企業の事例を参考にして、戦略人事の導入に役立つヒントをご紹介します。

マクレランドの欲求理論とは?理論の概要や企業での活用方法について

マクレランドの欲求理論とは、従業員の行動には「達成動機(欲求)」「親和動機(欲求)」「権力動機(欲求)」「回避動機(欲求)」のうちいずれかの動機が存在するという理論です。マクレランドの欲求理論は、企業におけるモチベーションマネジメントの重要な参考になります。今回は、マクレランドの欲求理論の概要や各欲求が強い人の特徴、企業におけるマネジメントへの活用方法についてご紹介します。

再雇用の意味や定義とは?制度の目的やメリット・デメリットについて

再雇用とは、定年退職者を再び雇用することを意味する言葉です。再雇用制度では、高年齢者雇用安定法により、再雇用を希望する従業員がいる場合には就労の機会を与えることが企業に義務付けられています。今回は再雇用の意味や定義、制度の目的や企業にとってのメリット・デメリットについてご紹介します。

兼業を認めている企業の理由とは?認める際のリスクと対策について

兼業とは、同時に2つ以上の仕事を掛け持ちしている状態を意味する言葉です。兼業を認めて運用するためには、どのようなことに注意する必要があるのか、どうすれば対策できるのかについて知っておく必要があります。今回は、兼業を認めている/認めていない企業の理由や、兼業を認める際のリスクと対策についてご紹介します。

コーチングとは?意味や定義、目的やメリット・デメリットについて

コーチングとは、相手の話に耳を傾けて観察や質問、提案などによって相手の内面にある答えを引き出す、目標達成支援の手法を意味する言葉です。コーチングによる人材育成は、個人の成長を支援する場合だけでなく、企業全体の成長や事業拡大につながります。今回はコーチングの意味や定義、ティーチングとの違いやメリット・デメリットについてご紹介します。

戦略人事を導入する方法とは?導入の課題を解決する方法について

戦略人事とは、経営戦略とリンクしてマネジメントを行う人事体制を意味する言葉です。戦略人事を導入する際には、自社の課題を明確にして、経営戦略を人事戦略に落とし込みながら具体的な業務として実践する必要があります。今回は、戦略人事を導入する方法についてご紹介します。

衛生要因とは?衛生要因を高める方法やメリット・デメリットについて

衛生要因とは、不満足要因とも呼ばれる「これが整備されていないと社員は満足感を持てない」という要素です。衛生要因を満たしていない組織では、社員のモチベーションが低下するだけでなく、離職につながる危険もあります。今回はハーズバーグの二要因理論における衛生要因について、詳しくご紹介します。

イノベーション人材を育成する方法とは?必要なスキルの種類について

イノベーション人材とは、技術やサービスなどにおいて革新を起こす可能性が高い人材を意味する言葉です。イノベーション人材を育成する際には、自社が狙うイノベーションを起こすためにはどのようなスキルが必要なのかを知り、求める人物像を明確化しなければなりません。今回は、イノベーション人材を育成する上でどのようなスキルを育てるべきかをご紹介します。

兼業とは?意味や定義、副業との違いやメリット・デメリットについて

兼業とは、同時に2つ以上の仕事を掛け持ちしている状態を意味する言葉です。兼業を認めると、優秀な人材の確保や社員の人材育成につながるメリットがある反面デメリットも存在するため、容認すべきかどうかは慎重に検討する必要があります。今回は兼業の意味や定義、副業との違いや企業にとってのメリット・デメリットについてご紹介します。