記事カテゴリー

「 マネジメント 」一覧

プランド・ハップンスタンスセオリーの5つの行動指針とは?

プランド・ハップンスタンスセオリーとは人生の様々な偶然から意図的にキャリアを形成していく考え方です。予期しない偶然はただ待っているだけでは何も始まらず、自ら創り出せるように積極的に行動したり、周囲の出来事に神経を研ぎ澄ませたりして、偶然を意図的・計画的にステップアップの機会へと変えていくべきだと考えられています。今回はプランド・ハップンスタンスセオリーの5つの行動指針について説明します。

セクハラになる言葉とは?グレーな言葉は言い換え方を知っておこう

セクハラとはセクシャルハラスメントの略称で、行う側が意図する・しないにかかわらず、相手が不快に思い、相手が自身の尊厳を傷つけられたと感じるような性的発言・行動、性的いやがらせのことを指します。相手を心配したり気遣う言葉がセクハラとなることもあるため、従業員は発言内容に注意する必要があります。今回はセクハラとなる言葉の具体例について説明します。

カークパトリックモデルの実施方法とは?教育研修成果を可視化しよう

カークパトリックモデルとは、人材育成における教育研修の効果を測定するモデルです。教育研修の成果が可視化できれば、効果的な人材育成戦略や今後の教育研修計画に役立てられます。今回はカークパトリックモデルの実施方法と運用における注意点について説明します。

J字カーブとは?入社直後から従業員の組織コミットメントは下がり続ける

J字カーブとは、従業員の組織コミットメントの変化をグラフ化したときのモデルです。入社直後から組織コミットメントは下がり続け、勤続7年目頃から回復していくとして考えられています。若手社員の組織コミットメントがなぜ下降し、停滞し、回復するのかの要因を知っておくことは、新入社員を受け入れて育成していく上で非常に重要です。今回はJ字カーブについて説明します。

人員計画とは?意味や定義、計画を立てる目的やメリットについて

人員計画とは、会社の業績計画向上のために人材をより活用していくために採用、配置、異動等を網羅した計画のことで多くの企業で策定されています。人員計画は要員計画を実現するために作成し、企業目的を達成するために活用されます。今回は人員計画の意味や定義、計画を立てる目的やメリットについて説明します。

プランド・ハップンスタンスとは?偶然がキャリアを作る新しい理論

プランド・ハップンスタンスとは、キャリアゴールを決めず自分の人生に起こる偶然の出来事からキャリアを形成していく理論のことです。プランド・ハップンスタンスは活用するメリットも多く、現在のキャリア形成でも活用できます。今回はプランド・ハップンスタンスについてご紹介します。

セクハラの具体例とは?ビジネスシーンを客観的に捉えて理解する

セクハラとはセクシャルハラスメントの略称で、行う側が意図する・しないにかかわらず、相手が不快に思い、相手が自身の尊厳を傷つけられたと感じるような性的発言・行動、性的いやがらせのことを指します。多くの労働者がセクハラ被害を訴えており、自社でセクハラが存在しないか確認するためには、客観的な視点で自社を理解することが大切です。今回はセクハラとしてみなされるビジネスシーンの具体例について説明します。

カークパトリックモデルとは?教育研修の評価測定を明確化しよう!

カークパトリックモデルとは、教育研修の評価方法として開発されたモデルです。人材育成における教育研修においては、多くの企業が実施しているものの、知識が身についているか、実践できているかなどを正しく評価できている企業は多くありません。今回はカークパトリックモデルの概要について説明します。

両立支援等助成金の再雇用者評価処遇コースとは?育児や介護の復職を支援する

両立支援等助成金の再雇用者評価処遇コースは出産や介護を理由に一度退職した社員を再雇用した際に支給される助成金で、カムバック支援助成金とも呼ばれています。今回は再雇用支援や企業の採用にも活用できる、再雇用者評価処遇コースの詳細について説明します。

要員計画の立て方や流れとは?メリットやデメリットを理解する

要員計画とは、企業が事業計画を進めるにあたって必要な人材の確保や、不要な人材の整理などを計画することです。要員計画を立てる上では、ボトムアップ方式とトップダウン方式のメリットやデメリットを事前に知っておくことが大切です。今回は要員計画の立て方や流れについて説明します。