記事カテゴリー

「 マネジメント 」一覧

企業文化を変革・醸成して事業の成長につなげる注意点とは?

企業文化は事業の成長にも大きく関わっています。アメリカの調査結果では、企業文化は戦略と同じぐらい重要である、文化なき企業は並の業績しかあげられない意見に、多くの経営者や上級幹部が賛成しています。重要なのは明文化された戦略的な企業文化であることです。企業文化の変革を行う際の注意点を5つ紹介します。

くるみん認定の申請方法とは?取得までの流れやプロセスについて

くるみん認定とは、仕事と子育ての両立支援に取り組んでいる企業が厚生労働大臣から受けられる認定制度です。くるみん認定の申請には、認定基準を満たすために多くのプロセスを踏む必要があります。今回はくるみん認定を申請する方法と、申請までに必要なプロセスを合わせてご紹介します。

離職率の高い原因や理由とは?下げるために根本となる課題を対策しよう

離職率の高い会社には、離職理由として3つの共通点があります。ある調査結果では、約42%の人事担当者が自社の離職率の高さに悩んでいますが、実際に対策を行っている企業は約35%となっています。離職率が高い・適正な値に保つことが大切だと考えながらも、施策に落とし込めていない企業が多いことを意味しています。離職理由として挙げられる3つの理由を知ることで、同じ理由で離職が起こらないように対策を行う、自社の現状から離職が引き起こる可能性を読み取って対応するなど、まずは自社のことを振り返ってみましょう。

企業文化の分析に必要な視点とは?より良い組織文化を醸成するために

自社の業績を上げるため、企業文化を変化させたいと考えていても、具体的に何から手をつければいいのかわからず、試行錯誤している経営者や人事担当者は多いのではないでしょうか。自社の企業文化をよりよいものにするためには、まず自社の企業文化を理解していくことが大切です。企業文化を構成する要素について知るための要素についてご紹介したいと思います。

くるみんの認定基準とは?プラチナくるみんの認定基準との違い

くるみん認定とは、仕事と子育ての両立支援に取り組んでいる企業が厚生労働大臣から受けられる認定制度です。くるみん認定を受けるためには認定基準をクリアする必要があり、プラチナくるみん認定との条件の違いや認定基準の変更には注意が必要です。今回はくるみんの認定基準と、プラチナくるみんとの認定基準の違いについてご紹介します。

離職率の高い会社の特徴とは?定着率の悪い会社には共通点がある!

新卒や中途採用において求職者が最も気になるのが「離職率」です。新卒採用における入社3年での離職率が30%と言われ続けていますが、自社の離職率を高いと感じている人事担当者の方も多くいます。この記事では実際に離職率が高い企業を分析し、離職率の高い会社に共通する特徴を5つを紹介します。離職率を減らすためには、離職率の高い企業に共通する特徴をしっかりと把握して、自社にも共通する項目があれば、自社の制度なども見直してみましょう。

組織文化(企業文化)の構成要素や具体例とは?自社のカルチャーを定義しよう!

企業文化とは、企業や従業員が意識的・無意識的に共有している独特の価値観や企業規範、前提条件・ルールなどのことを言います。企業文化は様々な要素に影響を受けて構成されています。企業文化を構成する要素について知ることが、企業文化を上手く活用するコツとなります。具体的にどのような要素が企業文化に影響を与えているのか、企業文化の具体例について説明します。

社員のモチベーション向上事例とは?会社の取り組みや施策内容について

社員のモチベーションを向上させると会社の業績が伸びることが、様々な研究や事例から分かっています。社員のモチベーションを上げる方法は、実際にモチベーションアップの取り組みに成功した企業の事例に、重要なヒントが隠されています。今回は実際の企業事例から、モチベーション向上の取り組みに成功した施策とその内容、要因について説明します。

くるみん認定とは?認定基準の見直しや取り消しが行われた内容と経緯

くるみん認定とは、仕事と子育ての両立支援に取り組んでいる企業が厚生労働大臣から受けられる認定制度です。くるみん認定は過去に2回認定基準の見直しが行われ、新しい基準に満たない企業の認定取り消しも行われました。今回は過去に行われた2回の見直しの内容と経緯についてご紹介します。

職場の離職率が高い・低いことによるメリット・デメリットとは?

応募者から離職率を聞かれた際に、一般的な離職率より自社の離職率が高い場合、応募者への伝え方などには悩んでいませんか?この記事では単純に「離職率が低い」=良い企業という図式ではなく、離職率が低い場合のメリットとデメリット、そして離職率が高い場合のメリットとデメリットを分析して解説します。離職率が高いけれど、それをどうにか前向きな表現を持って伝えたい人事担当者、また離職率が高い職場でこそ活躍してくれる可能性のある人材についても説明します。