記事カテゴリー

「 マネジメント 」一覧

長時間労働が従業員にもたらす健康被害と精神障害リスクとは?

長時間労働は、日本社会全体の課題です。長時間労働が企業に与える影響も大きいながら、従業員への影響はより深刻なものです。プライベートの時間が厳守することで、十分な休息を取れなくなり、健康被害や精神障害リスクが非常に高まります。今回は長時間労働が従業員にもたらす健康被害や精神生涯リスクについて説明します。

日本の起業家精神の現状とは?国際社会と比較した調査から分かること

グローバル化によってスピーディーかつ柔軟な対応力が求められる現在のビジネスシーンでは、常に「次のビジネス」へ目を向ける起業家精神が生き残りの鍵となっています。しかしこうしたビジネスマインドを持った人材は日本には決して多くなく、もっと企業で育成していく必要があります。この記事では、日本や海外の起業家精神に関する調査について、どのようなことが報告されているかを紹介します。

ジョブローテーションに向いている企業と向かない企業とは?自社の特性を理解する

日本の企業では一般化しているジョブローテーション制度。しかし、導入したものの効果的に運用できていないと感じる人事担当者は少なくありません。企業規模や業種によっても、ジョブローテーション制度の最適解は異なります。今回はジョブローテーション制度に適した企業や適さない企業の特徴などについてご説明します。

長時間労働が会社に引き起こす影響や問題点とは?課題を理解しよう

長時間労働は日本社会の問題であるだけでなく各企業にも深刻な悪影響をもたらします。労働者のワークライフバランスの悪化や働き方の画一化は、今後の母集団形成における求職者の減少と相まって社員の生産性の低下や優秀な社員を雇用し続けることができないなど、会社の業績に関わる問題に繋がることを理解することが大切です。今回は長時間労働が企業に引き起こす影響や問題点について説明します。

起業家精神の特徴と育成方法とは?価値観とスキルを分けて考える

起業家精神とは、ベンチャー企業やスタートアップ企業を創業するようなアクティブなビジネスパーソンには不可欠なものであり、アントレプレナーシップと訳されることもあります。起業家精神の特徴をおさえ、教育が可能なもの・教育が難しいものを理解することで、新規事業開発や次世代リーダーの育成に活用することができます。今回は起業家精神の特徴を性格・価値観とスキルの2面から説明します。

ジョブローテーションとは?意味や目的、メリット・デメリットについて

多くの日本の企業が導入しているジョブローテーション制度。日本企業で浸透した背景には終身雇用制度や職能給など、海外企業には見られない特徴があったからと推測されます。ジョブローテーション制度はメリットだけでなくデメリットもあり、市場の変動により数年前の知識や経験が陳腐化しやすくなっていることから、見直しや検討を行うことが大切です。今回はジョブローテーション制度の企業や従業員にとってのメリット・デメリットについて説明します。

新人フォローアップ面談の頻度やタイミング、内容とは?効果的に運用しよう

新人フォローとしての面談は、実施するタイミングや内容が重要です。効果的な面談にするためには、変わりゆく新人の悩みをしっかりとフォローできるように、適切なタイミングかつ内容で実施する必要があります。今回は新人フォローアップとしての面談のタイミングや頻度、内容について説明します。

アントレプレナーシップは教育で習得できるか?

アントレプレナーシップとは、「企業家精神」として理解されています。ビジネスにおけるゼロからイチを生み出す創造だけでなく、生まれたイチを飛躍させる戦略の立案・実行にも不可欠なスキルです。創造性の高いスキルであるがゆえに、アントレプレナーシップは先天的なものという印象を受けがちですが、入社後の教育研修で身につけることも可能です。この記事ではアントレプレナーシップを身につけるためにはどんなスキルの教育研修が有効かを紹介します。