記事カテゴリー

「 コミュニケーション 」一覧

社内ルールとは?会社のルール作りの必要性や目的、メリットについて

社内ルールは就業規則と異なり、暗黙のルールなども含まれる、会社内のルール全般のことを指します。就業規則は契約で明文化されていますが、社内ルールの全てが明文化されているケースは稀です。社内ルールがあることで業務がスムーズになる場合もありますが、逆に業務が滞ってしまう、デメリットの面もあります。今回は社内ルールを設ける目的やメリット・デメリットについて説明します。

離職率を改善する取り組み対策とは?離職防止のために目的を明確にする

離職率が高い会社に共通する3つの課題があります。3つの課題とは「人間関係がうまくいかない」「評価制度や給与水準が明確でない」「経営方針や企業理念が浸透していない」です。目先の離職率を改善するのではなく、根本の原因から解決して離職率を継続的に低下させるためには、自社で特に問題のある課題に優先順位をつけて解決しなければなりません。今回はこの3つの課題に対して、何故離職率が高くなるのか、どのように改善すべきかについて説明します。

【人間関係論】ホーソン実験の実験内容とは?人間関係論が注目された背景とは

良好な人間関係が労働生産性の向上につながることを発見した「ホーソン実験」。約90年前の実験ではありますが「人間関係論」の基となり、現在でも多くの研究や企業に影響を与えています。ホーソン実験では様々な仮説検証を行い「労働環境」「労働条件」「個人の感情」「人間関係」について実験を行いました。今でも影響を与えるホーソン実験の内容について、説明します。

ホーソン実験とは?人間関係が労働生産性向上に影響を与える!

労働生産性を向上させるために「従業員エンゲージメント」や「社内コミュニケーション」の改善が注目されています。労働環境や条件ではなく、人間関係が生産性に影響を与えることを分かったきっかけとして約90年も前の「ホーソン実験」があります。ホーソン実験から「人間関係論」が生まれ、「モチベーション」や「リーダーシップ」などの人間関係を対象とした研究につながっています。基となったホーソン実験の概要について、説明します。

社内イベントの目的を明確にして、社員のモチベーション向上につなげよう

社内イベントには、社員のモチベーションアップだけでなく、様々な効果があります。社内イベントを成功させるためには、目的の明確化やメリット・デメリットへの理解、注意点の把握など、様々な要素が必要です。今回は社員のモチベーションアップにつながる「成功する社内イベント」の企画方法についてご紹介します。

社員のモチベーションを上げる施策や方法とは?7つの取り組み例について

社員のモチベーションアップのために最も重要なポイントは、社員がどんな欲求を持っているのかを理解して、欲求に応じた施策を行うことです。社員が求めているものを理解せず、無闇な施策を行うだけでは、効果が出ないだけでなく逆効果になってしまうことすらあります。今回は社員のモチベーションアップにつながる、具体的な施策を7つご紹介します。

ヒューマンスキルを構成する7つの能力一覧!具体例も交えて説明します

ビジネススキルの中でも会社内のどのポジションの人でも重要になるのが「ヒューマンスキル」です。ヒューマンスキルには人間関係を構築する「コミュニケーション力」、実務での応用が容易な「交渉力」、周囲の士気を高める「リーダーシップ」など更に細分化できます。将来マネジメントを任せられるか、人事評価に使うのはもちろんのこと、会社に馴染んでくれるかなどの観点から、採用選考にも活用できます。ヒューマンスキルを構成する7つの能力について、ビジネスシーンにおける具体例・活用例も提示しながら、説明します。

ヒューマンスキル(対人関係能力)とは?項目や種類を知ろう!

ビジネススキルのなかでも、どんな人材にも大切なものが「ヒューマンスキル」です。ヒューマンスキルは、主にコミュニケーションや教育で発揮される能力で、ヒューマンスキルが高い人材は専門性やキャリアにとらわれず、どんなポジンションでも活躍することが期待できます。具体的にはどのようなスキルなのでしょうか?この記事では「ヒューマンスキル」を構成する7種類の能力の項目を紹介し、人事業務に活用することでどのような効果が期待できるかを説明します。

採用したい人材の口説き方とは?テクニックやコツを理解しよう

自社に応募してくれた人材の中に「どうしても採用したい人材」がいる場合があります。優秀な人材は、多くの会社から内定を獲得できるため、入社してもらうためには、人材を口説くことが必要です。しかし「採用したい人材」は多くの内定先からも口説かれている可能性が高いです。人材の口説き方として、一般的にどのような口説き方が良いのか、他社との差別化を行うための口説き方などについて、3つのポイントに絞って説明します。

面接官の心得や心構えとは?態度や印象が、志望意欲に影響する

求職者は、面接官が若手や新人であろうと、会社の顔として入社後のイメージをわかせます。実際に、面接官の人柄や印象が悪くて入社したくないと思う求職者は非常に多く、面接官の対応が入社意欲に強い影響を与えています。しかし新人や若手面接官であれば、求職者を見極めることに注力しすぎて、面接官のあるべき姿を忘れてしまいがちです。新人や若手面接官が見落としがち、忘れがちな面接官の心得を5つ紹介します。