記事カテゴリー

「 離職・定着 」一覧

ミスマッチ・アンマッチの意味や違いとは?新卒採用のミスマッチは防げる!

新卒社員が入社した会社を早期離職する主な理由は、条件やカルチャーのミスマッチが原因であることが調査で判明しています。人材のミスマッチを防止するためには、同じような意味で使われてしまっているミスマッチとアンマッチの違いを知っておく必要があります。今回はミスマッチとアンマッチの意味の違いと、新卒採用でのミスマッチを防ぐ方法をご説明します。

自社にマッチした人材とは?新入社員の早期離職を防ぐ3つの観点とは

自社にマッチした人材とは、自社の現状や要望に合った人材のことです。自社にマッチした人材を採用するためには、具体的に何をマッチさせるのかを定めた上で、マッチする人材を見極めなければなりません。今回はマッチする人材の要件として「条件マッチ」「カルチャーマッチ」「スキルマッチ」という3つの観点をご紹介します。

定着率向上のメリットとは?目的にも手段にもなり得る!

就業者の1/3が3年以内に離職する中で定着率の向上は各企業が優先的に取り組むべき課題です。定着率の向上で得られるメリットは、採用や教育コストの削減だけでなく、労働生産性の向上や社員のモチベーションの向上、風評被害の防止など多岐にわたり、最終的には顧客満足度の向上など企業収益に大きく関わってきます。今回は定着率向上によって得られるメリットについて、一つ一つ説明します。

定着率の向上方法とは?人材の定着施策を目的別に考える

定着率の向上は、人事担当者・経営者の頭を悩ませる課題の一つです。定着率を向上させることで、採用・教育コストの削減や労働生産性の向上などが期待できる一方で、定着率を向上させるための具体的な課題に落とし込めていない企業が多く存在します。今回は既存従業員・新規従業員の二つの視点から、定着率を向上させるための施策について説明します。

キャリアパス制度とは?制度の構築方法や作成方法について

キャリアパスとは、目指す職位や職務に到達するための経験や能力の積み重ねを行う道筋や順序のことです。キャリアパスを明確にすることは、自社の理想の人物像を明確にすることでもあり、採用選考や教育研修制度、人事評価制度にも活用することができます。今回は自社独自のキャリアパスを構築する方法や人事制度への活用方法について説明します。

キャリアパスとは?意味や形成の仕方や考え方、メリット・デメリット

キャリアパスとは、自社内で目指す職位や職務に到達するための道筋や順序のことを意味しており、どのような経験を積み重ねて能力を高めていくべきかを明確にするためのものです。2人に1人が転職する時代において、将来に対する漠然とした不安などが離職のきっかけになることもあり、従業員に将来像を明確にもってもらうことは、活躍人材の育成だけでなく離職防止にもつながります。今回はキャリアパスとはなにか、キャリアアップやキャリアプラン・キャリアデザインとの違いはなにか、キャリアパスを活用するメリットやデメリットについて説明します。

離職率が低い会社の特徴や理由とは?離職率改善を諦めないために

離職率の高い企業に共通する特徴や理由があるだけでなく、離職率の低い企業や産業にも共通する特徴や理由が存在します。厚生労働省の調査データなどを用いて、離職率の低い産業や企業に共通する特徴や理由を分析します。自社で変えられないものだけでなく、自社でも変えられるものもあります。早期離職のコストと離職率を低下させる施策の導入コストと比較することで、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

社内でのキャリアアップを考える重要性とは?スキルアップとの違いを明確にしよう

キャリアアップは転職活動に限らず、自社の優秀な人材を確保する上でも重要な概念です。将来の企業を担う幹部候補の人材や、平成生まれの従業員は「自社ではキャリア成長が望めない」「よりキャリアアップできる環境に移りたい」との理由で退職をしています。自社でキャリアアップ環境を作ることは、優秀な人材の離職防止だけでなく、優秀な人材の採用にも活用できます。今回は自社のキャリアアップを考えることのメリットやデメリット、注意点について説明します。

離職率を改善する取り組み対策とは?離職防止のために目的を明確にする

離職率が高い会社に共通する3つの課題があります。3つの課題とは「人間関係がうまくいかない」「評価制度や給与水準が明確でない」「経営方針や企業理念が浸透していない」です。目先の離職率を改善するのではなく、根本の原因から解決して離職率を継続的に低下させるためには、自社で特に問題のある課題に優先順位をつけて解決しなければなりません。今回はこの3つの課題に対して、何故離職率が高くなるのか、どのように改善すべきかについて説明します。