記事カテゴリー

「 採用 」一覧

非構造化面接の目的、メリット・デメリットや注意点とは?

非構造化面接は、日本企業でも注目が集まっている構造化面接とは真逆の面接手法で、非常に自由性の高い面接手法です。自由性が高すぎるため、面接官の力量によって面接内容が大幅に異なってしまいますが、非構造化面接が有効なシーンもあります。今回は非構造化面接の目的や、実施するメリット・デメリット、注意点について説明します。

組織適性検査を採用に活用する!離職率改善や生産性向上につなげよう

組織適性検査は、組織の現状を理解することができる適性検査です。組織の現状を把握するだけでなく、人事業務に有効活用することが大切です。組織適性検査を採用活動で活用するためには、現状と相性の良い人材を見極めて、採用評価項目や評価基準に落とし込むことが大切です。今回は組織適性検査を採用活動で活用する方法や注意点について説明します。

半構造化面接の定義・目的とメリット・デメリット・注意点とは?

半構造化面接は、構造化面接と非構造化面接の中間とも言える面接手法で、多くの企業が実施している面接手法です。しかし内定辞退率が高い・入社後に活躍する人材を見極められていないことが人事担当者や経営者の悩みとなっているように、問題なく運用できている企業は少ないです。今回は半構造化面接の目的や実施する流れ、メリット・デメリットや注意点について説明します。

組織適性検査を使ったチームビルディングとは?心理的安全性を実現する

組織適性検査は、組織の現状を把握するための適性検査であり、効果的なチームワークを実現するためのチームビルディングにも有効活用することができます。有効活用するためには、チームビルディングの目的や方法を明確にしながら、現状の組織の課題を明確にすることが大切です。今回は組織適性検査をチームビルディングに活用する方法について説明します。

構造化面接とは?目的や進め方、メリット・デメリットについて

Googleの採用面接でも使われる手法としても有名な「構造化面接」があります。構造化面接の最大のメリットは、面接官による評価のばらつきを抑え、応募者のパフォーマンスを客観的に予測できるという点です。構造化面接の定義や目的、進め方、メリットと注意点について説明します。

組織適性検査とは?意味や目的、活用方法や注意点について

多くの適性検査が個人を対象とするのに対して、組織適性検査とは組織を対象とした適性検査のことです。長く働いてくれるか、活躍してくれるかを知るためには、組織相性を見極めることが重要であり、まずは自社組織の現状を把握することが求められます。今回は組織適性検査とは何か、組織適性検査の活用方法、活用する際の注意点について説明します。

オヤカクの対策方法とは?親の悩みや求めるポイントを理解しよう!

「オヤカク」とは、内定を出した学生に対して、企業が「当社への入社を親は承諾しているか」を確認する、または企業が内定学生の親に直接連絡を取って説明・確認する行為のことです。オヤカクが必要だと考える企業・親が増加する一方で、オヤカクに対して良い印象を持っていない人や親が希望する施策と企業が必要だと考える施策にギャップがあるなどの課題があるのも現状です。今回は効果的なオヤカク施策を実施するために、親が希望する内容やギャップ、具体的な対策例について説明します。

性格検査の種類とは?3種類の特徴を理解して活用しよう!

採用選考などで用いられる性格検査には、主に3種類の手法に分類ができます。3種類それぞれの手法には、検査時間や結果の信頼性、検査者の熟練度などに違いがあり、メリット・デメリットを理解した上で自社で活用する方法を考えることが重要です。今回は性格検査の種類と、それぞれの手法の特徴について説明します。

オヤカクとは?就活生の親にも内定承諾を確認する内容について

オヤカクとは、企業が内定予定者の親に対して、内定承諾の確認を行うことです。オヤカクが求められるようになった背景として、少子化などで親が進路に慣用する機会が多くなったことや大手企業が安泰ではなくなったこと、ブラック企業問題の表面化などが挙げられます。今回はオヤカクが求められるようになった背景や実態、施策内容やポイントについて説明します。

性格検査(パーソナリティ検査)とは?採用適性検査の種類を知る

適性検査の一つである性格検査とは、曖昧で抽象的な概念である性格や価値観を、客観的かつ具体的に明示化してくれる検査です。しかし性格検査は分析を行うのみで、人事業務へ具体的にどのようにして応用していけばよいのかについては、利用者に委ねられ、有効活用できていないことも多々あります。今回は性格検査とは何か、自社ならではの形で活用するための方法やメリットについて説明します。